お酒買取りのコツを紹介

状態と付属品次第で買取価格もアップ!


お酒買取りのサービスを利用するときには、いくつかのコツがあります。
これは、家に余っているお酒をより高く買い取ってもらうためのコツです。
知っているのと知らないのとでは買取価格に大きな差が出ることもあるので、ここでしっかりとそのコツを知った上でお店に査定依頼をしてみましょう。

最初のポイントは、状態を綺麗に保つこと
ワインのラベルやコルクが汚れていないかどうか、瓶に傷がついていないかどうか、これが査定額に大きな影響を及ぼします。
状態を綺麗に保つことができているだけで数千円から数万円もの差が出てくることも珍しくありません。
言い換えると、状態が綺麗なうちに買い取ってもらいましょうということですね。

「もうちょっと時間が経てば高くなるかもしれない」と思って保存しておいたけど、状態を綺麗に保つ術を知らなかったがために買取価格が下がってしまった、なんてこともあるので気をつけたいところです。

箱を残しておくことも大切です
邪魔だからといって箱から取り出し、中の瓶に入った状態だけ保って箱を捨ててしまう人が結構多い。
箱がないだけで、これも数千円から数万円も買取価格に差が出てくることがしばしばあるんです。

箱と一緒に、お酒の保証書や証明書なども一緒に残しておくと、これも査定額アップに貢献してくれますよ。
にかく、お酒と一緒にあった付属品は残しておく、これが基本ですね

査定は複数に依頼すると高値で買い取るお店がわかる!


そして、高価買取に最も重要なポイントとなるのが、できるだけ多くのお店にコンタクトを取ること
査定は複数に依頼するというのが、必要のないお酒を高く買い取ってもらうために一番必要な作業となります。

その理由は全く難しくありません。
お酒買取り店によって、査定額が異なるからです。
査定額が異なるなら、たくさんのお店に買取価格を提示してもらって、その中で一番高いお店に買い取ってもらえば損をしなくて済むというのは当たり前ですよね。

もしかしたら、この作業を面倒に感じる人もいるかもしれません。
「査定額が違うっていっても、ちょっとだけでしょ?」と思う人もいるでしょう。
でも、銘柄によっては数万円から十数万円の差が出ることもあると考えたらどうでしょうか。
実際にあるんです、それだけの差が出ることが。

査定は複数に依頼する、これを面倒くさがらない人は得をして面倒くさがる人は損をする、これは間違いありません。
複数のお店に査定額を出してもらえば、それを使って交渉することもできるでしょう。
そうやってできるだけ高い価格で買い取ってもらうことが、お酒買取りのコツとなります。